大手引越業者の単身パックを徹底比較!

比較 アート
引越センター
アリさんマークの引越社 クロネコヤマト引越センター ダック
引越センター
日本通運

単身引越パック

ミニ引越しプラン

単身引越サービス

シングルプラン

ワンルームパック
容量目安
特に制限なし
たたみ3畳分の広さに入る量が目安 押入れ1段分(専用BOX1.83m³) たたみ3畳分の広さに入る量が目安 2トン車1台分目安
対応移動距離 近距離・長距離、どちらも対応可 同一区内・同一市内の5km以内 近距離・長距離、どちらも対応可 同一市区間内
隣接市区間内
30km以内
(一部エリアは15km)
その他の
単身向けプラン
アート学割パック
レディースパック
超ミニ引越しプラン・特ミニ引越しプラン 単身引越サービスminiタイプ
らくらく家財宅急便・単身引越ジャストサービス
ひっこし定額パックシングルプラン(※数量限定) 単身パック当日便
単身パックS
単身パックL
単身パックX
特徴
引越会社のオリコンランキング総合1位!オプションやエコ楽ボックスなどの無料サービスも充実。
荷物量に応じて、細かくプランが分かれているのが特徴。近距離引越で、大型家具がなく荷物が少量の人向き。
早期申込み割引や平日割引あり。予定が立てやすい時間帯指定が可能!
東京・神奈川・千葉・埼玉エリア内で使える、ひっこし定額パックがお得です。 コスパで選ぶならココ!近距離~中距離タイプの引越し向き。
単身引越しの料金価格を安く済ませる方法

単身者向けのプランがある引越し業者もたくさんあって、どこにお願いするべきか?迷ってしまいますよね。 でも、引越業者選びを間違えると、数万円~数十万円単位での損をしてしまうこともあるので注意が必要です。

安易に決めず、しっかり比較する必要があります。

とはいえ、「比較なんて面倒!」と思いがちですが、ネットの無料一括見積りを使えば、簡単な入力だけで引越業者の料金が比較できますよ。
一番安く単身引越しができる業者も手軽に見つけることが可能です。

特に9月・10月の転勤シーズンや2月・3月といった春の引越し繁忙期シーズンに転居予定の方は、早めに予約しておくことが大事です。どこの業者に依頼しようか迷っているけれど、希望日時での引越しをしたいという方は見積もり依頼だけは先に申込みしておき、対応可能な引越し業者を選定しておきましょう。

単身引越しパックを徹底比較
引越しには、単身引越しと家族引越しがあり、引越しの形で、選ぶ業者も変わってきます。 なぜ、単身か家族かで業者の選び方が変わってくるのかと言うと。単身引越しの場合は比較的荷物が少なく、一人暮らしなどの場合は、貴重品なども少ないので、梱包や搬送などにあまり気を使う事がありません。 でも、家族引越しの場合は、荷物もたくさんあり、家具などの傷つけたくない物がたくさんあります。
そこで、まず大手業者か中小業者かと言う選択肢が出てきます。 中小規模の業者だからと言って、大手の業者より仕事が雑だとか、プライバシーの不安があると言ったイメージは今の時代では古い考えになっています。中小規模の業者には大手企業には無い、地域に密着したネットワークがあり、大手の業者に負けない為の格安プランや、サービス内容などがたくさんあります。特に地域に密着したネットワークは、単身引越しには向いていると思います。 まずは、何でもそうですが、見積もりを取ることから始めましょう。見積もりを取ることで、その業者の特徴を捉えやすく、いろいろな事を知ることが出来ます。
1人暮らしに向けて単身引越しが増える3月には、どこの引越し屋さんにお願いするかを早く決めておかないと、希望日時での引っ越しが難しくなります。年明けの1月から4月頃までは混みあうようです。アート引越しセンターやクロネコヤマトなどの人気が高い単身パックを検討しているのであれば、まとめて見積もり依頼しておくことで、繁忙期にも対応可能な引越し業者を見つけることができますよ。希望通りの日時に申込ができるように、遅くとも1~2週間前までには自分の利用する単身パックや業者を決めておきましょう。